>> キャッシング&カードローン入門 低金利ローン比較、キャッシング審査情報も
キャッシング&カードローン
クレジットカード入会 リスト カード入会で商品券!
クレジットカード入会で特典
複数枚申込で1万円を狙え
リスト ORIX VIPローンカード
6.9%〜という低金利
利用可能額最大500万円
トップページ ローン記事一覧 クレジットカード 管理者情報 相互リンク集 問い合わせ
お金が欲しいならこの2種類を狙え FX口座開設で商品券 クレジットカード入会で商品券
キャッシング
トップページ
キャッシング基礎知識
キャッシング応用知識
キャッシング審査基準
キャッシングの裏技
お薦めのキャッシング
その他のキャッシング
キャッシングに関する雑文
キャッシングの比較
インターネットリンク集
補助情報(別サイト):
情報&リンク:

申込審査における年収:

申込審査時における年収は意外だが、基本的にはあまり審査に影響しない。というのも、お金を貸す側からしてみればその年収の裏付けがなかなか取りにくいためで、借りる側としてみてもいくらでも嘘の記述が出来てしまうため。


収入証明を出す場合は別:

但しこれは、あくまで少額をキャッシングで借りる場合。通常、大手消費者金融などでは50万円以上の借入を申し込むと収入証明(源泉徴収票)などの提示を求められるため、ここで記載されている収入はきちんと評価されると見て良い。

そのため、もし自分の収入に自信があるのであれば収入証明不要の金額を借りるのではなく、一気に収入証明が必要なくらい借りてしまうのも一つの手ではある。そうすれば本当は借りれるはずなのに借りれない・・・なんて悲劇も起きなくなるのだ。


公務員や大手上場企業に勤務の場合にはそれなりに効果有り:

公務員や大手上場企業に勤務しているという場合には、自己申告の年収でもある程度は評価されることになるだろう。こちらは第三者から判断しても、その会社に勤務していることが証明出来るのであればだいだいの収入が予測出来るためで、自己申告の場合でも信憑性があると判断されるため。

こういった面でも公務員は優遇されているかと思うと、非公務員からすれば、なんだかうらやましすぎる状況だなと思うのは私だけだろうか?(^^;)


年収欄記載の場合には、税引き前の年収を書く:

年収欄がいくら効果がないと言っても、ざっくばらんに自分の年収を記載して少なく思われるのももったいない話である。そもそも、年収○○○万円未満は申し込めないとしているキャッシングも多いため、やはりここは出来る限り多い数字を書くことが大切になる。

ちなみに良く年収欄に「自分の毎月の手取り×12ヶ月」で年収を計算して記入する方がいるが、実はこれは間違い。ごまかしでもなんでもなく、みなさんの年収は大抵、その金額の1.2倍くらいの数字になっているため。

これはそもそも「年収」という言葉の基準が曖昧なためにこういう誤解を招いてしまうのだが、あくまで年収というのは会社から支給された金額すべてを指す。ここから所得税が引かれたり、雇用保険、労災、社会保険、住民税、積立金などなどが引かれて自分の手取りとなり、それを自分の収入と思ってしまいがちなのだが、実際にはそれらの金額が引かれる前の金額が年収になるのでそれを記載するようにしよう。

尚、ボーナスが支給された方や、社長賞などの特別手当をもらったという方は、その金額も年収に追加して良いので積極的に追加しよう。

年収300万円と記載するよりも、年収350万円と記載するほうが審査に置いても印象も良いはず。再度繰り返すがこれはごまかしでもなんでもないため、自分本来の年収をしっかり書く様にして欲しい。

最終更新日:2007年9月1日)

キャッシング&カードローンの審査基準

 丁寧に書く キャッシング申込書は出来る限り丁寧に書くこと
 虚偽の記載 キャッシング申込時に虚偽の記載は絶対にしないこと
 匿名でお試し診断 匿名で借りられるかどうかのお試し診断が可能
 身分証明書 申込審査における身分証明書
 年齢 申込審査における年齢
 住所 申込審査における住所
 結婚や子供の有無 申込審査における結婚や子供の有無
 電話番号 申込審査における電話番号
 職業(仕事) 申込審査における職業
 年収 申込審査における年収
 居住年数 申込審査における居住年数
キャッシング ローン記事一覧 クレジットカード 管理者情報 相互リンク集 問い合わせ