>> キャッシング&カードローン入門 低金利ローン比較、キャッシング審査情報も
キャッシング&カードローン
クレジットカード入会 リスト カード入会で商品券!
クレジットカード入会で特典
複数枚申込で1万円を狙え
リスト ORIX VIPローンカード
6.9%〜という低金利
利用可能額最大500万円
トップページ ローン記事一覧 クレジットカード 管理者情報 相互リンク集 問い合わせ
お金が欲しいならこの2種類を狙え FX口座開設で商品券 クレジットカード入会で商品券
キャッシング
トップページ
キャッシング基礎知識
キャッシング応用知識
キャッシング審査基準
キャッシングの裏技
お薦めのキャッシング
その他のキャッシング
キャッシングに関する雑文
キャッシングの比較
インターネットリンク集
補助情報(別サイト):
情報&リンク:

申込審査における職業(仕事):

キャッシングを申し込む際には職業(職種)も大事な要素になる。

初めにまず書かなくてはいけないのは、残念ながら現在、アルバイトもパートもしていない無職の方へ貸してくれるキャッシングは基本的にはない(やり方はあるにはある)。もし喜んで貸してくれるというところがあったとするならば、それはヤミ金の可能性を疑った方が良いくらいである。注意願いたい。


安定した職業の方が評価は高い:

貸す側の心理になって考えてみて欲しいが、どんな職業の人に積極的に貸したいと思うだろうか?やはりそれは単純で出来る限り安定した職業の方や、一般的に高収入と言われている職業の方への評価が高い。これはそのまま審査においても同様の傾向があると言えるだろう。

反面、貸す側の心理としてどのような人は貸したくないか?というと、不安定な職業の方。例えば日雇いの職業や自営業などがそれにあたるだろう。

ある芸人もテレビで話していたが、月収でうん百万の収入を得ている場合でも、ちょっとした借入や住宅ローンは組めないということもあるらしい。理由は「いつ売れなくなるかわからないから」だそうだ。きちんとした自営業者の場合はそこまで厳しくなることもないだろうが、「不安定な方」への融資は予め厳しいと思っておいた方が良いだろう。


職業を変えた場合は交渉のチャンス:

例えばアルバイト時代にキャッシングを申し込んで利用していた方が、転職して会社勤めになった場合には交渉のチャンス。金利や融資枠などを変更してもらえるように交渉してみても良いだろう。もしかするとより良い条件キャッシングが出来るようになるかもしれないためだ。

こういった交渉というのはダメもとでトライすることが大切。毎月きちんと返済しているという場合には是非、交渉してみてほしい。

最終更新日:2007年9月4日)

キャッシング&カードローンの審査基準

 丁寧に書く キャッシング申込書は出来る限り丁寧に書くこと
 虚偽の記載 キャッシング申込時に虚偽の記載は絶対にしないこと
 匿名でお試し診断 匿名で借りられるかどうかのお試し診断が可能
 身分証明書 申込審査における身分証明書
 年齢 申込審査における年齢
 住所 申込審査における住所
 結婚や子供の有無 申込審査における結婚や子供の有無
 電話番号 申込審査における電話番号
 職業(仕事) 申込審査における職業
 年収 申込審査における年収
 居住年数 申込審査における居住年数
キャッシング ローン記事一覧 クレジットカード 管理者情報 相互リンク集 問い合わせ