>> キャッシング&カードローン入門 低金利ローン比較、キャッシング審査情報も
キャッシング&カードローン
クレジットカード入会 リスト カード入会で商品券!
クレジットカード入会で特典
複数枚申込で1万円を狙え
リスト ORIX VIPローンカード
6.9%〜という低金利
利用可能額最大500万円
トップページ ローン記事一覧 クレジットカード 管理者情報 相互リンク集 問い合わせ
お金が欲しいならこの2種類を狙え FX口座開設で商品券 クレジットカード入会で商品券
キャッシング
トップページ
キャッシング基礎知識
キャッシング応用知識
キャッシング審査基準
キャッシングの裏技
お薦めのキャッシング
その他のキャッシング
キャッシングに関する雑文
キャッシングの比較
インターネットリンク集
補助情報(別サイト):
情報&リンク:

申込審査における住所:

キャッシングを申し込む際の住所記入ポイントについてまとめてみた。あまり住所については問題視されることもないが、念のため把握しておいてほしい。


一番ダメなのが虚偽の記載:

なんとなくキャッシングをするということに対して怖いイメージを持っている方がする傾向にあるのだが、虚偽の住所を記載してしまうというもの。これが正直一番ダメな例となる。

わざと間違えた住所を記入したり、知らない人の住所を記入したりすることは虚偽の記載となってしまい、最悪の場合その場だけでなく次回からの借入も出来なくなってしまう可能性があるため、後ろめたい気持ちはあるだろうが自分の住所をしっかり書くようにしてほしい。貸す側はきちんと住所を地図で調べるため、ありもしない住所を書いても無駄なのだ。


マンション名やアパート名まではっきりと:

住所を省略する場合もご注意。貸す側の心理からしてみればマンション名までしっかりと記入してくる利用者と、省略住所を記入してくる利用者では「借りる覚悟」が違うと見る場合もある。もちろんマンション名と部屋番号までしっかり記入してくる利用者は「逃げも隠れもしない」という表明でもあるため、やや審査に有利に働く場合もあるだろう。

最終更新日:2007年9月4日)

キャッシング&カードローンの審査基準

 丁寧に書く キャッシング申込書は出来る限り丁寧に書くこと
 虚偽の記載 キャッシング申込時に虚偽の記載は絶対にしないこと
 匿名でお試し診断 匿名で借りられるかどうかのお試し診断が可能
 身分証明書 申込審査における身分証明書
 年齢 申込審査における年齢
 住所 申込審査における住所
 結婚や子供の有無 申込審査における結婚や子供の有無
 電話番号 申込審査における電話番号
 職業(仕事) 申込審査における職業
 年収 申込審査における年収
 居住年数 申込審査における居住年数
キャッシング ローン記事一覧 クレジットカード 管理者情報 相互リンク集 問い合わせ