>> キャッシング&カードローン入門 低金利ローン比較、キャッシング審査情報も
キャッシング&カードローン
クレジットカード入会 リスト カード入会で商品券!
クレジットカード入会で特典
複数枚申込で1万円を狙え
リスト ORIX VIPローンカード
6.9%〜という低金利
利用可能額最大500万円
トップページ ローン記事一覧 クレジットカード 管理者情報 相互リンク集 問い合わせ
お金が欲しいならこの2種類を狙え FX口座開設で商品券 クレジットカード入会で商品券
キャッシング
トップページ
キャッシング基礎知識
キャッシング応用知識
キャッシング審査基準
キャッシングの裏技
お薦めのキャッシング
その他のキャッシング
キャッシングに関する雑文
キャッシングの比較
インターネットリンク集
補助情報(別サイト):
情報&リンク:

低金利で多く借りるためには継続して返済し続けること:

お金を貸す側にとって、初めてお金を貸す相手や過去に返済したことがない人にはあまり積極的にお金を貸さないというのはそちら側になって考えれば理解出来る話である。そしてそれが反映された結果として、初めてキャッシングを利用するという場合には、よほど信用力の高い人(高年収、公務員や上場企業勤務など)でないかぎり、少額貸付となる場合が多い。


反対に考えればどんなに信用力の低い人でも:

反対に考えればどんなに年収が低く、信用力が低い人でも、一切遅延せずに期日までにきちんと継続して返済したという履歴さえ作っておけば、その人の信用力は必ず高くなっていく。

そのため、すでに借りてから1年以上経過している場合などには、金利交渉をしてみるのも良いだろう。大抵の場合、他社に借り換えることをちらつかせたり、他社の金利の話をするだけで金利を下げてくれる場合が多い。というのも、あくまで設定されていた金利は「初めての方向けの金利」だった場合が多いためで、信用力が出来た方にとってみればその金利はすでに貸す側としてみても充分に高い金利になっているため。

同じ理屈で融資枠を広げることだって可能になる。金利交渉を併せることにより、より低金利で大きく借りられるようになる可能性もあるだろう。

とにかく返済は期日通りにしっかりと後れず買いし続けること。1年これを繰り返すだけで随分と現状は変わるはず。しっかりと返済が遅れないように頑張って欲しい。

最終更新日:2007年9月3日)

キャッシング&カードローンの応用知識

 金利で選ぶ 金利は低ければ低いほど良いとは限らない
 超低金利キャッシングに注意 金利が低すぎるキャッシングには要注意
 利用明細書の保管 キャッシングの利用明細書は保管すること
 多重債務者から脱出 多重債務者からの脱出方法
 継続は力なり 低金利で借りるためには継続して返済し続けること
 クレジットカードでキャッシング 初めて借りる場合にはクレジットカードで検討
キャッシング ローン記事一覧 クレジットカード 管理者情報 相互リンク集 問い合わせ