>> キャッシング&カードローン入門 低金利ローン比較、キャッシング審査情報も
キャッシング&カードローン
クレジットカード入会 リスト カード入会で商品券!
クレジットカード入会で特典
複数枚申込で1万円を狙え
リスト ORIX VIPローンカード
6.9%〜という低金利
利用可能額最大500万円
トップページ ローン記事一覧 クレジットカード 管理者情報 相互リンク集 問い合わせ
お金が欲しいならこの2種類を狙え FX口座開設で商品券 クレジットカード入会で商品券
キャッシング
トップページ
キャッシング基礎知識
キャッシング応用知識
キャッシング審査基準
キャッシングの裏技
お薦めのキャッシング
その他のキャッシング
キャッシングに関する雑文
キャッシングの比較
インターネットリンク集
補助情報(別サイト):
情報&リンク:

キャッシングの利用明細書は一通り保管しておくこと:

キャッシングを利用した時にATMやCDから出てくる利用明細書(レシートのようなもの)は、なんとなくすぐに捨てたくなる気持ちもわからなくもないが、出来る限りまとめて自宅に保管しておくことをお薦めしたい。


将来必ず役に立つ:

将来、万が一債務整理を弁護士等にお願いすることになった場合に、これらの利用明細書が役立つ場合が多い。どの時点でどのくらいの残金があり、どのくらいの金利を払っていたのかが一目瞭然でわかるようになるためで、対キャッシング会社との交渉を強気で勧めることが出来るため。

反面、今や強制的に利用履歴を出させることは可能となったものの、利用明細書が自宅にない場合にはキャッシング会社頼みとなってしまうため、万が一ごまかされてしまった場合でも借りた側としてみれば確認することが出来なくなってしまうので注意が必要だ。


残金や金利のごまかしは今でも多い:

これはあくまで信用するしかない話なのだが、今でも金利のごまかしなどが横行している会社もあるとのこと。これはあくまで利用者側がキャッシング会社任せの返済計画になってしまっているため、こういったごまかしが可能になってしまっているのだが、こういったごまかしをさせないためにもきちんと利用明細は残しておくことが大事なのである。

ちなみに大手消費者金融でもこういったごまかしを行ったことが過去にはあるという。大手だから安心ということは無いので、きちんと自分でしっかりと返済金額を把握してほしいと思う。

最終更新日:2007年9月3日)

キャッシング&カードローンの応用知識

 金利で選ぶ 金利は低ければ低いほど良いとは限らない
 超低金利キャッシングに注意 金利が低すぎるキャッシングには要注意
 利用明細書の保管 キャッシングの利用明細書は保管すること
 多重債務者から脱出 多重債務者からの脱出方法
 継続は力なり 低金利で借りるためには継続して返済し続けること
 クレジットカードでキャッシング 初めて借りる場合にはクレジットカードで検討
キャッシング ローン記事一覧 クレジットカード 管理者情報 相互リンク集 問い合わせ