>> キャッシング&カードローン入門 低金利ローン比較、キャッシング審査情報も
キャッシング&カードローン
クレジットカード入会 リスト カード入会で商品券!
クレジットカード入会で特典
複数枚申込で1万円を狙え
リスト ORIX VIPローンカード
6.9%〜という低金利
利用可能額最大500万円
トップページ ローン記事一覧 クレジットカード 管理者情報 相互リンク集 問い合わせ
お金が欲しいならこの2種類を狙え FX口座開設で商品券 クレジットカード入会で商品券
キャッシング
トップページ
キャッシング基礎知識
キャッシング応用知識
キャッシング審査基準
キャッシングの裏技
お薦めのキャッシング
その他のキャッシング
キャッシングに関する雑文
キャッシングの比較
インターネットリンク集
補助情報(別サイト):
情報&リンク:

金利が低いから良いとは限らない:

消費者金融やカードローンを比較する上で、ついつい見てしまうのが金利。ただこの金利だけを見て借入先を選ぶのは止めた方が良い場合もある。


金利が低ければ低いほど審査は厳しい:

お金を貸す側になって考えてみるとわかりやすいのだが、金利が低いということはお金を貸す側としては利息という利益が少ないことを意味する。

そのため、万が一低い金利で貸し出しをして回収不能となってしまった場合にはその損失が大きくなってしまうため、金利が低い商品は出来る限りきちんと返して貰えそうな人にしか貸さない傾向にある。

結果、他のキャッシングと比べ、審査が厳しくなるというわけ。運良く貸して貰える場合にもその借入限度額は低めに抑えられることになる。申し込む場合には審査が厳しいことを覚悟の上、申し込んでみて欲しい。


○%〜△%の貸出金利の表記:

各キャッシングサイトには「貸出金利○%〜△%」という記載がされている場合が多いのだが、あまり信用力がないという場合には△%の方を見るようにしたほうが良いだろう。基本的に○%の方は宣伝の意味合いが強く、実施される場合でも年収も高く、返済能力に優れている方向けの金利と思って置いた良いため。

キャッシングによっては○と△の差が10%近くになるものもあるため、どうしてもその○%の方に淡い期待を寄せてしまうものだが、現実はやはり△%の方がどうしても多くなってしまうだろう。○の低さだけを見てキャッシング先を選ぶ方は多いのだが、出来れば○に左右されずに相対的にキャッシング先は選んで欲しいと思う。

最終更新日:2007年7月11日)

キャッシング&カードローンの応用知識

 金利で選ぶ 金利は低ければ低いほど良いとは限らない
 超低金利キャッシングに注意 金利が低すぎるキャッシングには要注意
 利用明細書の保管 キャッシングの利用明細書は保管すること
 多重債務者から脱出 多重債務者からの脱出方法
 継続は力なり 低金利で借りるためには継続して返済し続けること
 クレジットカードでキャッシング 初めて借りる場合にはクレジットカードで検討
キャッシング ローン記事一覧 クレジットカード 管理者情報 相互リンク集 問い合わせ